フライフィッシング

【2021年5月前半】\祝/支笏湖で2週連続で良型ブラウン

3月後半に釣れた良型ニジマスのおかげで、支笏湖は俺の中で多少なりとも「釣れる湖」になっていた。

「下手な鉄砲数撃ちゃ当たる」という感じで4月はほぼ毎週土日になると支笏湖へ向かったが釣果なし。
しかし釣る人はちゃんと釣ってるようで、中には80cm、90cmを超えるモンスターブラウンも釣れたとか…。

2021年5月第1週 支笏湖

午前6時、北側が開けたとあるポイントに到着。

天気は薄曇りで風、波ともあまりない。
今日はLOOPの旧EVETEC 15′ #10とCROSS 13’2″ #8を持参。
とりあえず短い方のロッドを継ぎ、アトランティックサーモンショート8/9のインタミ、1X12ftのシンキングリーダーというラインシステムで実釣開始。

2時間ほどこのポイントを攻めたがアタリなし。
もう少し波っ気が欲しい…。
朝のいい時間帯だったがポイント移動。

釣り場を見ながら20分ほど歩くと風が左前から入り、ちょうどいい感じで波が立っているポイントを見つけた。

バックスペースがあまり取れないポイントなのでラインシステムをスカジットヘッドのインタミ450グレイン、ティップは8ftのタイプ1/2、2X9ftのシンキングリーダーに変更。

2回テストキャストをしてこのラインシステムでのフィーリングを掴む。
風がラインを押してくれるおかげでフライまでキレイにターンしてくれる。

そしてこのポイントでの3回目のキャスト。
これもテストキャストと思っていたので着水とほぼ同時にラインを回収し始めると2リトリーブで「グングン」とした手応え!

「え?マジで!?」

ロッドを横にあおりアワセを入れる!
魚がギューッと走りだしロッドが弧を描く。

「結構デカい?もしかしてブラウンか?」

リールファイトで慎重に寄せてくると湖面に一瞬黒っぽい背中が見えた。
引き味とその魚影からしてモンスターサイズではないと判断し、一気に寄せてランディング。

ネットに収まったのは50cmの良型ブラウントラウト!
50cmを超えてれば良型と言っていいでしょう、言わせてもらいますww

ついにこの俺にも支笏湖のまともなブラウンが釣れた!
支笏湖で釣った魚の中では最身長だ…嬉しすぎる!!!!

そしてヒットフライは…なんと!ゲームチェンジャー!!

ゲームチェンジャーは海外のフライマンがYoutubeにアップしていたタイイング動画でその存在を知った。
「イトウ狙いにいいかもな~」と思いながらいくつかのサイズとカラーのゲームチェンジャーをタイイングしていたのだが、一足早くブラウンに効いてくれましたw
いやー、ゲームチェンジャー様様ですな!

ゲームチェンジャー(Game Changer)

モンスターサイズには程遠いものの、やっと釣れた良型ブラウンのおかげで憑き物が落ちた感じがするw
生命感がないように思えた支笏湖のクリアウォーターも魚が釣れると夢の釣り場へと変わります!

このあといくつかポイント変更。
しかし同じ日に良型のブラウンが連続で釣れてくれるほど支笏湖は甘くないw

まだ明るく夕マヅメにワンチャンスあったと思うが、今日はあの1匹のブラウンで満足だ。
ありがとう支笏湖、ありがとうブラウン、ありがとうゲームチェンジャーw



2021年5月第2週

やっと釣れた良型ブラウンのおかげで支笏湖へ向かう足も軽やかw
2匹目のブラウンを求め、前の週と同じポイントに入るが釣りはそう甘くはない。
午前10時ころまで粘ってみたがアタリなし。

ポイントを求めて支笏湖南岸を東奔西走するが、さすがシーズンインした支笏湖、行く先々に釣り人が入っている。

前日夜から一睡もしていなかったので眠気がピークに。
昼食を取り14時まで仮眠、夕マヅメのワンチャンスに賭けよう。

のろりのろりと車を走らせ駐車できるポイントを探す。
修行中に下見をしていたとあるポイントが気になっていたのでそこへ行ってみると、運がいいことに釣り人はいかった。

LOOPの旧EVOTEC15ft #10に新しく買ったAirfloのスカンジ系シューティングヘッド(インタミ)、これにシンキングリーダー1X14ftをつなぐ。
これまでAirfloのシューティングヘッドは使ったことがなくちゃんと飛ばせるか心配だったが、このシューティングヘッドはこれまで使った中で一番投げやすい。
そして先端まできれいにターンしてくれる。

「きれいに飛ばせるようになったぁ」などと考えながらキャスティングを続けること約30分、ラインを手繰っていた指先に違和感を覚える。

「ん?」

そのまま続けてリトリーブすると魚が首を振るような感触が伝わってくる!

「きたー!!!」

引き味からして前回のブラウンより大きな魚だろう。
何度か魚が水面を割ったが、傾いた太陽が湖面にキラキラと反射していたので魚種を判断できない。
しかし一瞬銀色の体が見えた。

ティペット部分は1Xなので切れることはないと思うが、この1匹は慎重に…。
5分ほどのファイトで魚の勢いが落ちたので岸に寄せてそのままランディング。

釣れたのは銀と金が美しい立派なブラウン!

メジャーを当ててると60cmを少しだけ超えていた。
「やったー!!60オーバーの支笏湖のブラウンだ!!」

支笏湖のブラウンはこんなもんじゃないようなモンスターサイズの個体がいるらしいけど、いまはこれで大満足です!!
何枚も記念撮影をさせてもらったあとそっとリリース。

「支笏湖、釣れるなぁ…」

ヒットフライは…湖のフライフィッシングではド定番のマラブー。
中禅寺湖をはじめ湖で実績のあるパターンらしいのだが、支笏湖のブラウンにもしっかり効きますね!

次にブラウンが釣れるときは70cmオーバーかなぁ?フフフ…w

支笏湖のフライフィッシングが本当に面白くなってきた!
そしてどっぷりハマりそう…。

次回も期待!!

page
top