フライフィッシング

尻別川水系でブラウントラウト

久しぶりに訪れた尻別川の支流。
ここはルアーをやっていた頃から何度も通っているお気に入りの川。
すごく釣れる、というわけではないが渓相が良く、釣りをしていて気持ちのいい川だ。
去年、この川に来たときはドライフライのみでチャレンジしたが、あのときはボウズだったような…?

ということで今回はニンフを結んで釣り下がります。
まずは1つ目のポイント。ここで35cmほどのニジマスをゲット。
今日は珍しく幸先いいスタートw

その後、いくつか大場所を攻めたがアタリなし。
荒瀬はどうかな?とニンフを流しリトリーブすると小さなイワナがヒット。

このあと、お気に入りの区間を3時間かけて釣り下がるも、アタリがないので別のポイントに移動。
今度は釣り上がりながらニンフを流します。

と、1時間ほど釣り上がったところで「ドッパーン!」と、ものすごいライズが!
「で、でかい!!」

気配を悟られないよう、いったんヤブをこいで上流側に移動し、静かにニンフを流す。
…しかし、かからない!
「こいつ、デカいだけあって賢いぞ…」
30分ほど粘ったがあいつは出てこない。
時計を見ると午後4時20分。

夏の夕方は長い、まだまだ勝負できる。
「よし、ポイントを休ませよう」
大物を目の前にして小休止。
河原からちょっと離れた石に座り、リーダーとティペットを交換。
フライもビーズヘッドなしの地味なものに変更した。

午後5時、最後の勝負だ。
フライラインの存在を悟られないよう10mほど上流にプレゼンテーションし、ナチュラルドリフトさせると…
きた!
下流に向かって走るので、自分も一緒に走るw
5分ほどやり取りしたあとネットイン。
「ん??思ったよりも小さい…」

ネットに収まったのは40cmちょいくらいのブラントラウト。
こいつはあのライズリングのヌシじゃない。

でも粘って釣ったこの1匹は、たとえ中型でも記憶に残る1匹だ。
素直に嬉しい!!

それのしてもあのヌシ…。相当賢いな…。

タックルメモ
・ロッド Maxcatch 9フィート5番
・ライン SA フリークエンシー マグナム 5番

page
top